医療ドラマの出演者だったら専門用語はバッチリ?

一般の患者にとって、医療専門用語はそれほどなじみがあるものではありません。当ブログでは、ロンドンの病院での患者調査の結果)について取りあげて、ネイティブ、ノンネイティブにかかわらず、英語の医療専門用語を患者はあまり理解していないという現実について紹介しました。

ところで、一般の人にとって、こういった医療専門用語を聞く機会があるのは、病院にいった時のほかに、映画やドラマ、ドキュメンターなどをみるときではないでしょうか。日本では、医療ドラマがすくなからずつくられていますが、英語圏の国でも、数おおくの医療ドラマがつくられています。人気のあるもののなかには、10年以上にわたってつづくドラマもあります。こういったドラマに登場する俳優たちが医師であるということはまずありません。しかし、人気ドラマの登場人物ともなれば、長期間にわたって、医療ドラマにたずさわっているわけですから、きっと、医療専門用語にもなじみがあるにちがいがありません。…本当でしょうか?

アメリカの医療ドラマ「グレイズ・アナトミー」の出演者がでているおもしろい動画をみつけましたので紹介したいとおもいます。米国版TVガイドが公開したこの動画では、「グレイズ・アナトミー」の出演者がドラマ中で実際につかわれたセリフを問題なく読みあげることができるかどうかチャレンジしています。

このチャレンジは、ひとつひとつの単語の知識をこたえるクイズのかたちではありませんが、出演者たちのとまどいや、苦労している様子をみると、長年医療ドラマに出演した俳優たち(5人の出演者の内わけは、アメリカ人2人、イギリス人2人、カナダ人1人)でも、医療専門用語にそれほどなじんではいないことがよくわかるとおもいます。出演者によっては、じぶんのセリフだったにもかかわらず、数年後にあらためてセリフをわたされると、読みあげるのに四苦八苦しています。医療従事者でない一般の方が医療専門用語について、どれくらいなじみがないのか想像できるのではないでしょうか。

なお、チャレンジでつかわれたセリフは次のとおりです。

  • “This guy’s got a blown right pupil, an endo-occipital dislocation, open-book pelvis, a large open abdominal wound, a sucking chest wound, seven broken ribs.”
  • “Enlarge the incision with a dissecting instrument and use a stapler to create the anastomosis.”
  • “I’ve gotta post-op ortho patient on DVT prophylaxis with a subdural hematoma. Derek, she’s got a blown pupil.”
  • “A 15-year-old with GSW to the thigh with comminuted femur fracture. Lacerations with superficial femoral artery.”

隠語や専門用語としても高度なものがふくまれますが、医療通訳の資格試験に既出のものや、今後でてくるであろうと予想される用語もあります。下表で「○」がついているものは要注意です。

テキスト「医療通訳」掲載の有無
blown pupil 吹出瞳孔
open-book pelvis 前後圧迫型骨盤骨折(オープンブック、オープンブック型骨盤骨折とも)
sucking chest wound 胸部吸込創(開放性気胸: open pneumothorax; 疾患名である開放性気胸へと直接訳すことがある)
anastomosis 吻合
post-op 術後
ortho 整形外科(orthopedicsの略)
DVT prophylaxis 深部静脈血栓症予防(DVT/deep venous thrombosis: 深部静脈血栓症)
subdural hematoma 硬膜下血腫
GSW 銃創/射創(GSW: gunshot wound)
comminuted fracture 粉砕骨折
femur 大腿骨
laceration 裂創/裂傷
superficial femoral artery 浅大腿動脈

【参考資料】
医学大辞典 第2版(医学書院)
外来医マニュアル第3版(医歯薬出版)
ビジュアルノート(メディックメディア)
「まんが 人体の不思議 」(ちくま新書1256)
「これでわかる! 人体解剖パーフェクト事典」(ナツメ社)
「カラー図解 人体解剖英単語辞典」(ナツメ社)
「しくみが見える体の図鑑」(エクスナレッジ)