東京医大の入試結果操作でかんがえる — ジェンダー、教育、グローバル・トレンド

東京医大の入試について不正行為があったことにつづいて、採点結果を操作し女子合格者の数を抑制したことが問題視されています。フランス大使館がツイッターでこの問題を取り上げ、やや皮肉をこめてフランス医学部への進学を誘うなど、海外からも注目をあつめていて、報道機関にも幅ひろく取りあげられています(英FT独DW米Scienceなど)。

東京医大がなぜこういういことをしたのかという理由については、大学の元幹部がTBSのインタビューの中で「体力的にきつく、女性は外科医にならないし、へき地医療に行きたがらない。入試を普通にやると女性がおおくなってしまう」とこたえて、性差別の問題ではなく「日本の医学の将来に関わる問題だ」との危機感があったとはなしています。

注目したのは、女性の優秀さへの認識と、女性医師が増えることが日本の医療の負担につながるという意識です。この2点を中心に、海外との比較もふくめて、いろいろとしらべてみました。しらべればしらべるほど、スッキリした答えがみつかるような話ではないということがわかりました。と同時にとても興味ぶかい発見がいくつもありました。

女子が優秀との認識

TBSの元幹部のインタービューでは「入試を普通にやると女性がおおくなってしまう」といっていますが、女子合格者の数が男子合格者を上まわってしまうだろうという意味なのか、単に現状よりも女子合格者がふえてしまい「日本の医学の将来」にとってのぞましい水準を超えてしまうという意味なのかは、よくわかりません。すくなくとも、試験の点数操作をせずにはいられないほどには優秀だと試験をおこなう側はみているということはわかります。

ある医師は、医学部と理学部をのぞく全学部の入学試験で女子の合格率が男子を上まわり、理学部ですら同水準であるという今の大学入試の状況をしめし、医学部だけ女子の合格率が低いのは不自然と書いています。医学部の試験にバイアスがかかり、女子学生へのガラスの天井となっている可能性を東京医大の事件が発覚する前から指摘しているのです。この医師は、男子に対する女子の優位性をかならずしも主張しているわけではないですが、今の医学部合格率が女子の能力を反映しているとはみていません。

もっと踏みこんでいるのは、ある著名な医師タレントで、出演中のテレビ番組で今回の事件が取りあげられると「試験の点数だけで上から入学させたら女性だけになってしまう」」と発言しています。入学試験における女子の優位性について、あたかも医学界の常識かのように話しているのです。

個人的な肌感覚としては、企業で採用を担当した複数の方と話した経験から、女子の方が優秀なのだという見方に納得しそうになります。大手電機メーカーの人事担当だった方や、中小企業で採用を行った方などは、いずれも採用プロセスで優秀な方から採っていったら女性ばかりになってしまうだろうと話していました。ある外資系企業で採用にかかわった方は、Diversityを確保するために、男性の応募者に「ゲタをはかせなければいけない」のだと、人材採用のむつかしさを説明してくれました。

しかし、実際のところ、男女の学習能力というのはどうなっているのでしょうか。

男女別の成績をみてみると

大学受験レベルの男女別の成績をデータとしてさがしてみたのですが、残念ながらみつけることはできませんでした。センター試験が男女別のデータを公開してくれていればいいのですが、残念ながらそのようなデータは発表されていません。男女共同参画社会を本気でめざすのであれば、課題を洗いだすべきでしょうから、こういったデータを公開した方がいいとおもいますので残念です。

高校受験レベルの成績であれば、男女別の学習能力を示すデータをみつけることはできます。まずは、OECDが各国と協力しておこなっているPISA(Programme for International Student Assessment、生徒の学習到達度調査)があります。

OECDのPISAは、各国の15歳児を対象に「科学的リテラシー」「読解力」「数学的リテラシー」の3分野についてしらべています。2015年におこなわれた調査には、72か国・地域(OECD加盟35か国、非加盟37か国・地域)約54万人の生徒が参加し、日本からは,全国198校(学科)・約6千600人の生徒が参加しています。

PISA 2015の調査結果「科学的リタラシー」の分野で、日本は男子545点に対して女子が532点との結果がでました。「数学的リテラシー」では、日本は男子539点に対し女子が525点となっています。その一方「読解力」の分野は、すべての国で女子が男子よりも得点が高く、日本では女子の523点に対し、男子が509点でした。3分野を総合してみると、残念ながら、女子の男子に対する優位性を証明する結果になっていません。

高校受験についてみると、東京都立の進学校・西高校が過去の受験結果を男女別で報告しているものがあり、PISAと似たような傾向となっています。過去12年間で、男子は常に数学でアドバンテージを得ています。国語と英語については明確な男女別傾向はないようです。数学でのアドバンテージに助けられ、男子はほとんどの年で全体の平均点での優位も確保しています。「市進 受験情報ナビ」による都立日比谷高校の受験情報は、2014年度のものだけですが、こちらでも男子は数学のアドバンテージによって3科目平均で女子の平均点を上まわっています。こういったデータは「迷信」と批判されている「女性は数学が苦手」と見方を裏書きしています。

PISAはともかく、こういったデータはまだまだ限定的なものなので、男女の学習能力の優劣に明確な結論をだすことはできないでしょう。センター試験の結果の研究をすすめるなど、幅ひろい取りくみが求められるところだとおもいます。今の段階では、入学試験での女子受験生の優位性を数理系学部についてはみとめることがむつかしいということがいえるでしょう(小論文・面接を採用した医学部の入学試験については優位性が逆転する可能性もあります)。

世界的には女子優位がすすんでいるようす

学習成果という点で世界をみると、グローバルなトレンドとして、女子が男子に対して優位に立ちつつあるようすがわかります。PISAの数学や科学の分野でも70%の国や地域で女子が男子を上まわっているとのことです。

米国でも、長期的な取り組みが功を奏し、女子は高校のクラスルーム・レベルのSTEM(Science, Technology, Engineering, and Math)でも男子と肩をならべるまでに成績が向上しているとの報告があります。とはいえ、それも高校のクラスでの話で、大学入学のための試験であるSATでは50年以上つづく傾向が今もつづき、依然として数学のスコアで男子が女子をおおきく上まわっているとのことです

医学部についてみると、アメリカでは2017年に史上はじめて医学部への女子新入生の数が男子新入生の数を上まわりました。なかなか興味深いのは、入学のためのMCATという試験結果をみると男子の平均は女子を上まわっています。学士での卒業成績(GPA)は、全体では女子が男子をわずかに上まわっていますが、数科学分野だけにかぎると、男子の方が優位だったという結果がでています。

他の先進国をみますと、イギリスの医学部では女子の割合が55%フランスでは60%を超えているというのが現状となっています。カナダは56%オーストラリア・ニュージーランドは52%となっています。

女医がふえると病院が維持できなくなるという主張

TBSのインタビューや、読売新聞への関係者の「女子は結婚や出産を機に離職することが多い。男性医師が大学病院を支えるという意識が学内に強い」という発言などをもとに、病院を維持するための男性医師確保が今回の問題の背景にあったといわれています。

その一方で、東京医大には大学病院の維持が目的などという消極的な姿勢ではなく、病院の利益確保のための安くて使いやすい人材確保という積極的な思惑が背景にはあったというきびしい見方もあります。

いずれの見方をとるにしても、勤務医の過酷な労働環境をなんとかしようという視点はなかったということになります。このままの医療制度で社会がささえられつづけることがあるのかと不安になります。

ところで、女性医師がふえると病院、ひいては医療制度そのものが維持できなくなるという見方がでているのは日本だけではありません。イギリスでは、著名な外科医が「女医がおおいことがどうしてNHS(国民健康サービス)にとって問題なのか」との投稿を有力紙に寄せ、女性医師はパートタイムではたらき、早期引退する傾向にあることを指摘し、医療制度にとって負担になるとしました。1人の医師をそだてるのにかかるコストがおなじなのに、おなじ仕事量に2倍の人をあてなければいけなく、医学教育(税金)に負担をかけているというのです。女性医師が要求度が高い専門分野を避ける傾向にあることも問題視しています。

この外科医の寄稿記事は、イングランド王立外科医師会(Royal College of Surgeons of England)からきびしく批判されています。パートタイム医師のおおくが女性医師であるのは事実だが、ほとんどの女性医師が1日30時間以上はたらいていると医師会は反論しました。女性医師の比率は社会の構成比を反映したものであるべきで、そのためにはNHSが変わる必要があるとのかんがえをしめしました。

医学教育は社会と直結している

今回の記事のためにいろいろとしらべていると、いろいろと幅ひろい分野に入りこんでいってしまい、なかなかまとめるのが大変でした。この記事には書きませんでしたが、医学部受験の年齢制限といった人権にかかわる問題とそれに関連する海外での事例、女性の学力更新とそれにともなう米国社会の変化など、とても興味ぶかい話がつぎつぎにでてきて、どんどんと時間が過ぎて行きました。

ひとつわかったことは、医学部という医学教育の場は、社会インフラの重要な部分をしめる医療の現場へとつながり、そのことで社会と直結しているということです。ひとりひとりの医学生に社会(国)が投資をし、その医学生がそだって、医師となり医療の実践をとおして、社会を支えていくものだということです。そこには社会のありようが反映されていくのだということです。

フランス大使館は、そろそろ実現されそうな医師のパリティ(男女同数)をツイッターでほこりました。社会が男女1:1で構成されている以上、医師の数もそうあるべきだという意識がその背景にはあるのでしょう。イングランド王立外科医師会が”It is also crucial that the composition of the medical profession mirrors the demographics of the society it serves including gender and ethnicity. “とし、医師の構成が社会の構成と対応していることが重要であると明言しているのも、そういった社会であるべきだという意思があるのでしょう。日本は、どうかんがえていくのでしょうか。

東京オリンピックが近づくなか、医療通訳による訪日外国人サポートへの関心が高まっています。ブログ『医療英語の森へ』を発信する医薬通訳翻訳ゼミナールでは、独学では物足りない、不安だといった方のために、医療通訳・医療英語のオンライン講座をおこなっています。ご希望の方は当ゼミナール・ウェブサイトのお問い合わせページから、またはメールでご連絡ください。

プレセッション・CIFEを具体例をあげながらもう一度

医療通訳は現場で実際に通訳をはじめる前に、患者または医療従事者に対して、どのような形で通訳をおこなっていくのかを手みじかに説明することがあります。これをプレセッション(pre-session)といいます。『医療英語の森へ』では以前「プレセッションとCIFE(1)」「プレセッションとCIFE(2)」でくわしく取りあげました。

くわしい説明については、以前の投稿をご参照ください。ざっくりいうと、プレセッションの内容は4つの約束ごとをあらわすそれぞれの英単語の最初の文字でつくられたCIFEという頭字語によってよくあらわされます。

東京オリンピックが近づくなか、医療通訳による訪日外国人サポートへの関心が高まっています。ブログ『医療英語の森へ』を発信する医薬通訳翻訳ゼミナールでは、独学では物足りない、不安だといった方のために、医療通訳・医療英語のオンライン講座をおこなっています。ご希望の方は当ゼミナール・ウェブサイトのお問い合わせページから、またはメールでご連絡ください。
CIFE
C Confidentiality 守秘義務
I “I” as in first person 一人称の使用
F Flow 流れ・話し方
E Everything すべての発言を通訳

今回は、具体例を挙げていきたいとおもいます。

4つの約束ごと・英語例文

CIFE 例文
Confidentiality Everything said and discussed in the session will remain highly confidential
“I” as in first person Please speak directly to the patient/doctor as if no language assistance were present. I will interpret everything in first person; that is, if the patient says (you say), “I have a headache,” I will say, “I have a headache,” in English (Japanese).
Flow I would like you to speak slowly and use short phrases whenever possible for accurate interpretation.
Everything I am obligated to interpret everything you say in the session, so if there is anything you don’t want to let your patient/doctor know, please refrain from saying it.

4つの約束ごと・日本語例文

CIFE 例文
守秘義務 医療通訳として私は守秘義務を負っています。通訳した内容を他の方が知ったりすることはありませんので安心してお話しください。
一人称の使用 お話をするときは、私がいないかのように、直接、患者さん(お医者さん)にお話ください。すべての通訳は一人称でおこないます。患者さんが「お腹が痛い」といえば、「お腹が痛い」と訳します。「患者さんは『お腹が痛い』といっている」とは訳しません。
話し方・流れ 正確に訳すために、なるべくゆっくりとお話ください。できれば、区切って、短くお話ください。
すべての発言を通訳 診察中にお話されたことは、すべて訳すことになっています。ですので、もし、患者さん(お医者さん)に知られたくないことがあれば、口に出すことをお控えいただきたく、よろしくお願いします。

プレセッション・英語例文

My name is Honda. I will be interpreting for you today. I would like to tell you how to go about the session. Everything discussed during the session will remain strictly confidential. Please speak directly to the doctor, not to me, and I will interpret everything in first person. That is, I will interpret everything you say as you say it. If you say, “I have a headache,” I will say, “I have a headache.” When you speak, please use short sentences so I can interpret effectively and precisely. If you have anything you don’t want the doctor to know, please don’t say it because I am obligated to interpret everything you say.

プレセッション・日本語例文

本日の通訳を担当します本田と申します。通訳をする上でいくつかお伝えしたいことがあります。守秘義務については厳格に従います。患者さんにお話をする際は、私ではなく、患者さんに直接お話しください。通訳については一人称を使います。つまり、患者さんが「頭が痛いです」といえば、私も「頭が痛いです」とだけ言います。正確に通訳をするために、なるべくゆっくりとそしてはっきりと話すようにご協力いただければと思います。先生が診察中にご発言になったことは、通訳として、すべて通訳する義務がありますので、その点ご承知いただきたく存じます。

JCI認定病院、2016年は3機関の増加にとどまる(4機関に1月31日修正)

Japan Medical Tourismの方のご指摘で、マックシール巽病院が2016年12月にJCI認証を取得していたことがわかりました。このため、認証取得機関は同年中に4機関増えたことになります。タイトルと表は修正しましたが、本文はそのままといたします。

医療界のISOともいわれるJCI(Joint Commission International)による国内認定機関についてはいままで、「JCI認定病院が2015年だけで7施設ふえて全部で18施設へ」(2016年3月現在)と、「国内のJCI認定病院の増加が減速か」(2016年11月現在)で、それぞれご紹介しました。

JCIのウェブサイトをきょう(2016年1月19日)あらためて確認したところ、2016年末現在、国内でさらに1機関ふえて計20機関となったことがわかりました。JCIウェブサイトによると、三井記念病院が2016年11月20日に認証されています。『医療英語の森へ』が11月26日に確認した時点ではJCIウェブサイトには表示されていませんでしたので、ウェブサイトに反映されるのにやや時間差があったようです。

三井記念病院をあわせると、2016年中にあらたに認定されたのは3機関となります。2015年だけで7施設ふえたことをかんがえると、やや増加の勢いがおちています。もっとも、医療ツーリズムを手がけているJapan Medical Tourismの方によると、JCI認証の取得をすすめている医療機関はまだまだあるとのことです。こんごも、外国人患者の受けいれ体制を整える医療機関はふえそうです。

病院名 英名 認定日 都道府県
亀田総合病院 Kameda Medical Center 2009年8月8日 千葉県
NTT東日本関東病院 NTT Medical Center Tokyo 2011年3月12日 東京都
介護老人保健施設老健リハビリよこはま Geriatric Health Services Facilities Yokohama 2012年3月29日 神奈川県
聖路加国際病院 St. Luke’s International Hospital 2012年7月14日 東京都
湘南鎌倉総合病院 Shonan Kamakura General Hospital 2012年10月27日 神奈川県
総合病院聖隷浜松病院 Seirei Hamamatsu General Hospital 2012年11月17日 静岡県
相澤病院 Aizawa Hospital 2013年2月16日 長野県
メディポリス国際陽子線治療センター Medipolis Proton Therapy and Research Center 2013年9月13日 鹿児島県
済生会熊本病院 Saiseikai Kumamoto Hospital 2013年11月23日 熊本県
葉山ハートセンター Hayama Heart Center 2014年3月6日 神奈川県
東京ミッドタウンクリニック Tokyo Midtown Clinic 2015年1月31日 東京都
足利赤十字病院 Japanese Red Cross Ashikaga Hospital 2015年2月7日 栃木県
埼玉医科大学国際医療センター Saitama Medical University International Medical Center 2015年2月7日 埼玉県
順天堂大学医学部附属順天堂医院 Juntendo University Hospital 2015年12月12日 東京都
国際医療福祉大学三田病院 IUHW Mita Hospital 2015年12月19日 東京都
南部徳洲会病院 Nanbu Tokushukai Hospital 2015年12月19日 沖縄県
札幌東徳洲会病院 Sapporo Higashi Tokushukai Hospital 2015年12月19日 北海道
倉敷中央病院 Kurashiki Central Hospital 2016年3月12日 岡山県
湘南藤沢徳洲会病院 Shonan Fujisawa Tokushukai Hospital 2016年8月27日 神奈川県
三井記念病院 Mitsui Memorial Hospital 2016年11月20日 東京都
マックシール巽病院 McSYL Tatsumi Clinic & Hospital 2016年12月16日 大阪府

※なお、執筆時点でJCIウェブサイト上の三井記念病院へのリンクにあやまりがありましたので、JCI側に報告しました(2017年1月31日修正を確認)。

国内のJCI認定病院の増加が減速か

医療界のISOともいわれるJCI(Joint Commission International)による国内認定施設については「JCI認定病院が2015年だけで7施設ふえて全部で18施設へ」で2016年3月現在のものをご紹介しました。

JCIのウェブサイトを確認すると、2016年11月24日現在、1施設ふえて19施設となっています。あらたにくわわったのは、8月27日に認証を受けた湘南藤沢徳洲会病院で、これでことしは2施設ふえたことになります。2015年だけで7施設ふえたことをかんがえると、やや勢いがおさまったようです。

もっとも、2015年は12月だけで4施設ふえているので、ことしののこり1カ月ちょっとでふえないとはかぎりません。国内病院の経営はこんごもきびしい状況がつづくことから経営努力の一環としてJCI認定取得をえらぶ病院をすくなくないとみられるからです。

病院名 英名 認定日 都道府県
亀田総合病院 Kameda Medical Center 2009年8月8日 千葉県
NTT東日本関東病院 NTT Medical Center Tokyo 2011年3月12日 東京都
介護老人保健施設老健リハビリよこはま Geriatric Health Services Facilities Yokohama 2012年3月29日 神奈川県
聖路加国際病院 St. Luke’s International Hospital 2012年7月14日 東京都
湘南鎌倉総合病院 Shonan Kamakura General Hospital 2012年10月27日 神奈川県
総合病院聖隷浜松病院 Seirei Hamamatsu General Hospital 2012年11月17日 静岡県
相澤病院 Aizawa Hospital 2013年2月16日 長野県
メディポリス国際陽子線治療センター Medipolis Proton Therapy and Research Center 2013年9月13日 鹿児島県
済生会熊本病院 Saiseikai Kumamoto Hospital 2013年11月23日 熊本県
葉山ハートセンター Hayama Heart Center 2014年3月6日 神奈川県
東京ミッドタウンクリニック Tokyo Midtown Clinic 2015年1月31日 東京都
足利赤十字病院 Japanese Red Cross Ashikaga Hospital 2015年2月7日 栃木県
埼玉医科大学国際医療センター Saitama Medical University International Medical Center 2015年2月7日 埼玉県
順天堂大学医学部附属順天堂医院 Juntendo University Hospital 2015年12月12日 東京都
国際医療福祉大学三田病院 IUHW Mita Hospital 2015年12月19日 東京都
南部徳洲会病院 Nanbu Tokushukai Hospital 2015年12月19日 沖縄県
札幌東徳洲会病院 Sapporo Higashi Tokushukai Hospital 2015年12月19日 北海道
倉敷中央病院 Kurashiki Central Hospital 2016年3月12日 岡山県
湘南藤沢徳洲会病院 Shonan Fujisawa Tokushukai Hospital 2016年8月27日 神奈川県

fMRIによるとイヌはひとのことばを理解しているらしい、猫はどうだろう

fMRIってしっていますか。functional magnetic resonance imagingといって、磁気共鳴機能画像法とか訳されている検査です。機能をきちんと説明しようとすると、たいへんなので、ここらへんWikipediaあたりをよむといいでしょう。ざっくりというと、脳における血流量と酸素の代謝量をMRIで観測して、脳のどの部分がある動作や思考をしているときにつかわれているかということを観測する技術のことです。脳のある部分がつかわれると、その部分の神経細胞が活動し、酸素をたくさん必要になるためにこういったことがわかるんですね。

今月のあたまに、日経新聞系のナショナル・グラフィック日本語版が「イヌは飼い主の言葉を理解している、脳研究で判明」との記事を出しました。fMRIをつかって、イヌの脳をしらべたところ、はなしかけると、イヌの脳(”the canine brain”)もにんげんとほぼおんじうごきをしめす(情報処理をする)ということがわかったとのことです(”scientists found the canine brain also processes the information in a similar way as humans.”)。つまり、ひとの会話において重要な2つの要素、ことばのそのもの(”the word”)と抑揚(”the intonation”)の両方を、イヌもきちんととらえているということがわかったというのです。イヌ好きとしては、うれしいニュースではないでしょうか(記事のオリジナル版はこちら

イヌをMRI装置のなかで、おとなしくさせるというのは、そうとうな苦労があったとおもいます。記事によると、調教師は数ヶ月をこの「離れわざ」のためにハンガリーの13匹のペットイヌにかけたそうです(”It took several months for dog trainers to work their magic on 13 pet dogs that live in Hungary”)。

ところで、気になったのは、イヌとならぶ、ペットの代表格、ネコをしらべたら、どうなるのかということです。自分勝手で気ままといわれるネコをしらべたら、もしかしたら、ひとはひとでも、KYなひととおなじ反応を脳がするのではと勝手な想像をしてしまいました。といっても、自分勝手なネコのことですから、MRI装置のなかで、おとなしく実験につきあってくれるとはおもえませんけどね。

fMRIについては、つい先日ソフトウェアの欠陥(”software flaws”)から何千という研究データが無駄になるのではないかという報道がありました。よくつかわれているSPM、FSL、AFNIというデータ解析パッケージにソフトウェアの欠陥があり、この手法をつかうと、偽陽性を常に出力してしまい、5割以上の結果でエラーがでてしまうというのです(”some software flaws in the popular fMRI data analysis packages SPM, FSL and AFNI meant this technique routinely produced false positives, resulting in errors 50 per cent of the time or more.”)。

今回のイヌの実験結果がこの問題の影響をうけているとはみえませんが、どれだけの研究がこの欠陥の被害をこうむったのでしょうか。