感覚器系 — テキスト『医療通訳』の単語集を自分のものに(第13回)

テキスト『医療通訳』の『人体器官図』の15、16ページ目で取りあげられている感覚器系の各器官・部位について今回は単語集を「自分のもの」にしていきます。鼻については、4ページの呼吸器のところで「鼻腔」が取りあげられているだけですので、ここではあえてとりあげません。

個人的な印象として、「人体器官図」の中でも、皮膚の図はずいぶん大雑把な印象を受けます。「筋肉」や「脂肪、コラーゲン、線維芽細胞」などをみると、ちょっと乱暴かなとおもわざるをえません。といっても、ディテールにはいっていくのがむつかしい分野であるのは間違いないのですけれども。

オリジナルの単語集を確認

いつものように、まずはテキスト『医療通訳』の『単語集』にのっているままに日本語・英語を並べてみます。

日本語 英語
汗腺 sweat gland
筋肉 muscle
脂肪、コラーゲン、線維芽細胞 fat, collagen, fibroblast
毛幹 hair shaft
皮脂腺 sebaceous gland
表皮 epidermis
自由神経終末 free nerve ending
真皮 dermis
神経 nerve
皮下組織 subcutaneous tissue
血管 blood vessel
皮膚 skin
涙腺 lacrimal gland
強膜 sclera
脈絡膜 choroid
網膜 retina
硝子体 vitreous body
眼瞼(まぶた) eyelid
睫毛(まつげ) eyelash
虹彩 iris
中心窩 fovea centralis
瞳孔 pupil
視神経乳頭 optic disc
角膜 cornea
水晶体 lens
視神経 optic nerve
結膜 conjunctiva
毛様体 ciliary body
耳小骨 auditory ossicles
ツチ骨 malleus / hammer
キヌタ骨 incus / anvil
アブミ骨 stapes / stirrup
三半規管 semicircular canals
蝸牛 cochlea
耳介 auricle
外耳道 external ear canal
鼓膜 tympanic membrane / eardrum
鼓室 tympanic cavity
耳管 Eustachian tube
外耳 outer ear
中耳 middle ear
内耳 inner ear

日本語・一般むけ・専門用語

優先順位としては、今までとおなじく図のなかで太字表記されている部位を中心にまずはおぼえていくようにしましょう。

※「自分のもの」にするためのすすめ方については第1回を参照。

ここで”tear gland”をlay termとしましたが、むつかしいところです。専門用語・技術用語というのは、専門性の高い専門用語と、専門性の低い専門用語というものがあって、”tear gland”というのは、専門性の低い専門用語といったところでしょうか。”sweat gland”や”oil gland”など、こういったものはすくなくありません。

日本語 English(lay term) English (medicine)
汗腺[かんせん] sweat gland sudoriferous gland
筋[きん]、筋肉[きんにく] muscle
脂肪[しぼう]、脂肪組織[しぼうそしき] fat, body fat, fat tissue adipose tissue
コラーゲン[こらーげん] collagen
線維芽組織[せんいがそしき] fibroblast
毛幹[もうかん] hair shaft
皮脂腺[ひしせん] oil gland sebaceous gland
表皮[ひょうひ] epidermis
自由神経終末[じゆうしんけいしゅうまつ] free nerve ending
真皮[しんぴ] dermis
神経[しんけい] nerve
皮下組織[ひしそしき] subcutaneous tissue, hypodermis superficial fascia, subcutis
血管[けっかん] blood vessel
皮膚[ひふ] skin skin
涙腺[るいせん] tear gland lacrimal gland
強膜[きょうまく] white of the eye sclera
脈絡膜[みゃくりゃくまく] choroid
網膜[もうまく] retina
硝子体[しょうしたい] vitreous body, vitreous humor, vitreous
眼瞼[がんけん、まぶた] eyelid palpebra
睫毛[しょうもう、まつげ] lash eyelash
虹彩[こうさい] iris
中心窩[ちゅうしんか] fovea centralis, central fovea, fovea
瞳孔[どうこう] pupil
視神経乳頭[ししんけいにゅうとう]、視神経円板[ししんけいえんばん] optic disc, optic nerve head, ONH
角膜[かくまく] cornea
水晶体[すいしょうたい] lens
視神経[ししんけい] optic nerve
結膜[けつまく] conjunctiva
毛様体[もうようたい] ciliary body
耳小骨[じしょうこつ] auditory ossicle, ossicle
ツチ骨[つちこつ] malleus, hammer
キヌタ骨[きむたこつ] incus, anvil
アブミ骨[あぶみこつ] stapes, stirrup
半規管[はんきかん] semicircular canal, semicircular duct
蝸牛[かぎゅう] cochlea
耳介[じかい] auricle, pinna
外耳道[がいじどう] ear canal, external auditory canal, external auditory meatus, external ear canal, external acoustic meatus
鼓膜[こまく] tympanic membrane, eardrum
鼓室[こしつ] tympanic cavity
耳管[じかん] Eustachian tube, auditory tube
外耳[がいじ] external ear, outer ear
中耳[ちゅうじ] middle ear
内耳[ないじ] inner ear, internal ear

例文・語の構成要素・おぼえがき

Example 語の構成要素 Note
When the body becomes warm, sudoriferous glands, widely known as sweat glands, produce sweat to cool the body. cf. hidr(o)-: ギ「発汗」「汗腺」. diaphor-: ギ→ラ「発汗」. sweat glandは、専門的にも普及度が高い.
When you lift a brick into place on a wall, your muscles provide the mechanical energy that moves the brick. muscul(o)-: ラ「筋(肉)」. my(o)-: ギ「筋肉」.
Adipose tissue produces and secretes several hormones involved in lipid metabolism and storage. lip(o)-: ギ「脂肪」. adip(o)-: ラ「脂肪」「脂肪組織」「アジピン酸」.
Three main types of fibers are secreted by fibroblasts: collagen fibers, elastic fibers, and reticular fibers. collagen fiber: 膠原線維[こうげんせんい]. elastic fiber: 弾性線維[だんせいせんい]. reticular fiber: 細網線維[さいもうせんい].
The most abundant cell in connective tissue proper is the fibroblast. fibr(o)-: ラ「線維」「線維組織」「線維素」. blast(o)-: ギ「胚」「芽」. connective tissue proper: 固有結合組織[こゆうけつごうそしき].
The hair shaft is the part of the hair not anchored to the follicle, and much of this is exposed at the skin’s surface. follicle: hair follicle, 毛包.
A sebaceous gland is a type of oil gland that is found all over the body and helps to lubricate and waterproof the skin and hair.
The skin acts as a sense organ because the epidermis, dermis, and the hypodermis contain specialized sensory nerve structures that detect touch, surface temperature, and pain. ep(i)-: ギ「上」「追加」. dermat(o)-, derm(o)-, -derma: ギ「皮膚」.
The pain and temperature receptors in the dermis of the skin are examples of neurons that have free nerve endings nerv(i/o)-: ラ「神経(系)」(まれ、ほぼ neur(i/o)-が使われる). neur(i/o)-: ギ「神経(組織)」「神経系」. receptor: 受容器.
The skin is composed of two main layers: the epidermis, made of closely packed epithelial cells, and the dermis, made of dense irregular connective tissue that houses blood vessels, hair follicles, sweat glands, and other structures. dermat(o)-, derm(o)-, -derma: ギ「皮膚」. epithelial cell: 上皮細胞[じょうひさいぼう]. dense irregular connective tissue: 交織性結合組織.
Many functions of the body decline with age, and nerves do not transmit impulses with the same speed and frequency as in the past. nerv(i/o)-: ラ「神経(系)」(まれ、ほぼ neur(i/o)-が使われる). neur(i/o)-: ギ「神経(組織)」「神経系」.
In general, lymphatic vessels of the subcutaneous tissues of the skin, that is, the superficial lymphatics, follow the same routes as veins, whereas the deep lymphatic vessels of the viscera generally follow the paths of arteries. sub-: ラ「下」「下位」「以南」「副」「亜」「やや」「半」. cutane(o)-: ラ「皮膚」. superficial lymphatic (vessel): 浅リンパ管[せんりんぱかん]. deep lymphatic vessel: 深リンパ管. viscera: 内臓.
Blood vessels keep blood inside a closed circulatory system.
The skin functions as an endocrine organ in the production of the inactive form of vitamin D3 , cholecalciferol. cholecalciferol: コレカルシフェロール.
Tears are produced by the lacrimal gland, located beneath the lateral edges of the nose. lacrim(o)-: ラ「涙」. cf. dacry(o)-: ギ「涙」.
The sclera accounts for five sixths of the surface of the eye, most of which is not visible, though humans are unique compared with many other species in having so much of the “white of the eye” visible. scler(o)-: ギ「堅い」「強膜」.
The choroid is a layer of highly vascularized connective tissue that provides a blood supply to the eyeball. oid: ギ「~のような(もの)」「~状の(もの)」「~質の(もの)」. vascularized:(形容詞)血管が通った.
The retina is composed of several layers and contains specialized cells for the initial processing of visual stimuli. retin(o)-: ラ「網膜(retina)」.
The posterior cavity is filled with a more viscous fluid called the vitreous humor. vitr(o)-: ラ「ガラス(glass)」. vitre(o)-: ラ「硝子体の(vitreous body)」. viscous:(形容詞)粘性のある、粘っこい.
The eyelids, with lashes at their leading edges, help to protect the eye from abrasions by blocking particles that may land on the surface of the eye. palpebr-: ラ「まぶた」. palpebra: 医学書などでつかわれることもあるが、現在の使用はきわめてすくないともみられる. abrasion: 表皮剥脱[ひょうひはくだつ]、剥離[はくり].
The hair in the nose and ears, and around the eyes (eyelashes) defends the body by trapping and excluding dust particles that may contain allergens and microbes. allergen: 抗原[こうげん]. microbe: 微生物[びせいぶつ].
Overlaying the ciliary body, and visible in the anterior eye, is the iris—the colored part of the eye. irid(o)-: ギ「虹彩」.
At the exact center of the retina is a small area known as the fovea. At the fovea, the retina lacks the supporting cells and blood vessels, and only contains photoreceptors. Therefore, visual acuity, or the sharpness of vision, is greatest at the fovea. photoreceptor: 光受容器[ひかりじゅようき]. visual acuity: 視力.
Pupils will constrict to limit the amount of light falling on the retina under bright lighting conditions.
Why does the blind spot from the optic disc in either eye not result in a blind spot in the visual field? optic(o)-: ギ→中仏「光学と…の」「眼の」「眼[視覚]と…の」. 視細胞がなく視覚が生じないため「盲斑[もうはん]」「盲点[もうてん] 」blind spot, punctum cecumと機能面からいわれる.
The transparent cornea covers the anterior tip of the eye and allows light to enter the eye.
To keep the stimulus in focus, the eye also needs to change the shape of the lens, which is controlled through the parasympathetic fibers of the oculomotor nerve. oculomotor nerve: 動眼神経(第III脳神経)
The eyes are just inferior to the anterior-most part of the cerebrum, but the optic nerve extends back to the thalamus as the optic tract, with branches into a region of the hypothalamus. optic(o)-: ギ→中仏「光学と…の」「眼の」「眼[視覚]と…の」. 視神経: 第II脳神経 cranial nerve II/CN II
The conjunctiva extends over the white areas of the eye (the sclera), connecting the eyelids to the eyeball. conjunctiv(o)-: ラ「結膜」.
The choroid is posterior to the ciliary body, a muscular structure that is attached to the lens by suspensory ligaments, or zonule fibers. cili(i/o)-: ラ「毛様体」「睫毛(cilia)」「繊毛」. suspensory ligament: 提靱帯、提索; 部位によって名前が異なる; 目では毛様体小帯. zonule fiber: 小帯線維.
Conductive hearing relies on vibrations being conducted through the ossicles of the middle ear. ossi- ラ「骨」. 耳小骨にはツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨があるが、耳小骨ということばをつかうときはこの3つすべてを指すことがおおいため通例複数形であらわされる。Conductive hearing: 伝音.
The malleus is attached to the tympanic membrane and articulates with the incus.
The incus, in turn, articulates with the stapes.
The stapes is then attached to the inner ear, where the sound waves will be transduced into a neural signal. transduce:(他動) 変換する.
If the head rotates in one direction—for example, to the right—the horizontal pair of semicircular canals in the inner ear indicate the movement by increased activity on the right and decreased activity on the left. semi-: ラ「半ば…」「幾分…」「やや…」. 三半規管とは3つの半規管ということ(three semicircular canals).
The inner ear contains the cochlea and vestibule, which are responsible for audition and equilibrium, respectively. vestibule: 前庭. audition: 聴覚. equilibrium: 平衡.
The large, fleshy structure on the lateral aspect of the head is known as the auricle. aur(i)-: ラ「耳」. c.f. ot(o)-: ギ「耳」. pinnaは動物についてつかわれることがおおいとの見方がある.
The C-shaped curves of the auricle direct sound waves toward the auditory canal. いわゆる「耳の穴」.
At the end of the auditory canal is the tympanic membrane, or ear drum, which vibrates after it is struck by sound waves. tympan(o)-: ギ「鼓室」「鼓膜」.
The tympanic cavity is a small hollow space surrounding the three ossicles, the malleus, incus, and stapes, of the middle ear. tympan(o)-: ギ「鼓室」「鼓膜」.
The middle ear is connected to the pharynx through the Eustachian tube, which helps equilibrate air pressure across the tympanic membrane. equilibrate: (動詞)平衡をとる.
The external ear contains the auricle, ear canal, and tympanic membrane. extra-, extro-, extr-, exter-: ラ「外の」「範囲外の」「外へ」. 外耳には、鼓膜をふくむ分類とふくまないものがある.
The middle ear consists of a space spanned by three small bones called the ossicles. span:(動詞)懸かる.
Problems with balance, such as vertigo, and deficits in hearing may both point to problems with the inner ear. inter-: ラ「中」「間」「相互」「以内」. deficit: 欠損.

※下表は画像データとしてダウンロード可能です。

参考資料

白内障 — 学習ノート

白内障 cataract

「しろそこひ」との(今ではまれとなっている)俗称で呼ばれることもある。水晶体が白く濁り視力が低下する病気。

徴候と症状 signs and symptoms

「視界が全体的にかすむ」「視力が低下する」「光をまぶしく感じる」「暗いときと明るいときで見え方が違う」などが主な症状。

病因 etiology

最も多いのは、加齢が原因となって起こる白内障。そのほか、アトピー性皮膚炎や糖尿病、外傷など、さまざまな原因で起こる。

診察法 diagnostic procedures

視力検査、眼底検査、細隙灯顕微鏡検査

治療法 treatment

薬物療法(ただし効果は限定的)、手術療法(こちらが主流)。手術では、人工水晶体を水晶体にかえて挿入する。

英語 日本語 Lay Terms
目がかすむ have blurred vision
光をまぶしく感じるようになる become sensitive to light
視力が低下する one’s eyesight deteriorates :-
暗いときと明るいときで見え方が違う One’s vision feels different in the light and in the dark.
水晶体 lens
眼内レンズ intraocular lens, IOL
眼内レンズ置換術 intraocular lens replacement
単焦点眼内レンズ monofocal intraocular lens
多焦点眼内レンズ multifocal intraocular lens
調節可能眼内レンズ、 accommodative intraocular lens
乱視矯正眼内レンズ・トーリック眼内レンズ toric intraocular lens
乱視 astigmatism
(水晶体の)調節 accommodation
視力検査 visual acuity test
眼底検査 fundoscopy, funduscopy
細隙灯顕微鏡検査 slit lamp examination
アトピー性皮膚炎 atopic dermatitis, atopic eczema
加齢 aging
糖尿病 diabetes mellitus, diabetes
目薬 eyedrop, eyedrops(通例、複数形で表現される)
散瞳薬 mydriatic drop, mydriatic drops(通例、複数形で表現される), mydriatic

参考動画

参考資料・サイト

『学習ノート』シリーズは、病気・症状についての医療通訳としての覚え書きです。参考資料や医師の方からのレクシャーなどをもとに、病気・症状についてまなぶべきとかんじたものをひとつひとつ個人的にまとめたものです。ただし、完成形ではありません。勉強していくなかで、修正する可能性や、追加すべきものがでてくる可能性がある、つねに進行形のノートです。実際の治療や検査の参考となるものではありません。病気・疾患になやまれた場合、きちんと病院で治療をうけましょう。

ご質問があれば、気軽に問い合わせページからご質問ください。

抜かさない — 医療通訳技能検定の最後の最後の試験対策

今週末には、医療通訳技能検定の1次試験が行われます。当ブログの読者のなかにも受検される方がいるかもしれません。さすがにここまで時間がせまってくると、もうあがいてもしょうがないとおもう方もいるでしょう。

たしかに、ここからがんばっても、飛躍的に知識量がふえることは期待できないでしょう。といっても、できるかぎりのことはしたいものです。そこで、誰でもできる最後の最後の試験対策をお教えしましょう。それは、「抜かさない」ということです。

たったそれだけと拍子抜けしてしまう方、それってどういうことと首をかしげる方、いろいろな方がいることでしょう。この「抜かさない」ということの意味は、実は2つあります。それを1つずつ、いまから説明しましょう。

とにかく答えを埋めよう

まず1つ目はとにかく答えは抜かさず、飛ばさず、すべて埋めるべきだということです。医療通訳技能検定では、問題の大部分が選択式ですが、いくつか記述式の問題もあります。どちらの問題を解いているにしても、試験の終了時間に空白のままで提出する問題がないようにしましょう。

中には、答えに確証が持てない問題があるかもしれません。あるいはまったく答えがおもいつかない問題があるかもしれません。当てずっぽうでもかまわないです。とにかく空白部分は残さないようにすることが重要です。

英語の試験などの中には、当てずっぽうの答えを受検者が記入することを嫌って、まちがえた答えに対して、罰則点をあたえるものがあります。こういった試験に対しては空白で残した方が正しいこともあるでしょう。しかし、医療通訳技能検定はそういう試験ではありません。空白のまま提出したとしても、まちがった解答を書いたとしても、どちらの場合でもその問題の点数は最悪でゼロにしかなりません。

当てずっぽうが当たったとしたら、そこは得点になります。さらに部分点がもらえる可能性も否定できません。いずれにせよ、空白のままで提出することになんのメリットもありません。

受検者の中には、医療通訳は正確さが大切、わからなかったらわからないといわなければいけないと習ってきたので、わからないことを適当にやることに罪悪感をかんじる方もいるかもしれません。正直さを大切にしている方もいるでしょう。

しかし、あたえられた条件でできるだけのことをやるという点から見れば、空白をのこして試験をおわらせることは、試験対策として得策とはいえません。とにかく、空白をのこして試験をおえることは避けた方がいいでしょう。

英訳・和訳ではすべてを訳す

もう一つ抜かしてはいけないのは、英訳・和訳です。医療通訳技能検定を実施している一般社団法人日本医療通訳協会のウェブサイトで「医療通訳技能検定1次試験内容の留意事項」を素直によむと、英文和訳、和文英訳それぞれ、1問ずつ出題されることがわかります。

英文和訳は「大動脈疾患に関する問題」、和文英訳は「時事的な問題」ということです。いずれの問題でも、注意すべきことは訳すときに抜かしたり(もらしたり)しないことです。たとえば、次のような英文和訳問題があったとします。

Aortic dissection symptoms may be similar to those of other heart diseases, say, a heart attack. Typical signs and symptoms include sudden severe chest or upper back pain, often described as a tearing, ripping or burning sensation, that radiates to the neck or down the back.
(参考: Mayo Clinic Patient Care & Health Information

この分の”a tearing, ripping or burning sensation”という部分で、”tearning“と”burning“はわかるけど、rippingがわからなかったとしたら、そのままにしてはいけません。チェックをしておいて、見直しをするときに、なんらかの訳をかならずつけましょう。もどったときにすぐにわかるように和訳の中にrippingと英単語のまま書いておいてもいいでしょう。空白を残しておいて、空白部分がすぐにわかるように四角くかこっておいたり、線をひいてもいいです。とにかく、訳を抜かしてはいけません。

どうしても正解がでてこなかったら、文脈から理解して、こんな感じではないかという言葉をかいてもいいでしょう。実際に現場にでて通訳をするときには、けっしてしてはいけないことですが、当てずっぽうでもいいでしょう。英語力を問われているとともに、これは対応力も問われているんだとかんがえましょう。重要なことは抜かさない、飛ばさないということです。

泌尿器系 — テキスト『医療通訳』の単語集を自分のものに(第12回)

テキスト『医療通訳』の『人体器官図』の10ページ目で取りあげられている泌尿器系の各器官・部位について今回は単語集を「自分のもの」にしていきます。まなんでいくうえでの優先順位は今までとおなじです。図のなかで太字表記されている部位を中心にまずはおぼえていくようにしましょう。

人体図11ページの下図は、ややくわしい腎臓の内側の図で、尿をつくるための血液ろ過をになっている部位をあらわしています。ここまでのくわしい知識が医療通訳のスタート地点に立つために必要かとかんがえると、首をかしげてしまうというのが正直な気持ちです。ただし、医療通訳技能試験では、ほぼこの図そのままを問う出題が以前ありました。受験をめざす方は油断できませんね。

当ブログでは何度もふれてきましたが「ホメオスタシス」という考えが人間の生命活動、そして病気ということを理解するうえでとても大切です。「泌尿器系の基本の基本」でもおつたえしましたが、泌尿器系は尿の生成というかたちで、ホメオスタシスを下支えしています。泌尿器系をまなぶと同時に、ホメオスタシスについてもしっかりおさえましょう。

オリジナルの単語集を確認

まずは、テキスト『医療通訳』の『単語集』にのっているままに日本語・英語を並べてみました。

日本語 英語
下大静脈 inferior vena cava
副腎 adrenal gland
腎臓(左) kidney (left)
腎臓(右) kidney (right)
腎動脈 renal artery
腎静脈 renal vein
腹(部)大動脈 abdominal aorta
尿管 ureter
膀胱 urinary bladder
尿道 urethra
腎盂 renal pelvis
皮質 cortex
髄質 medulla
糸球体 glomerulus
遠位尿細管 distal convoluted tubule
近位尿細管 proximal tubule
集合管 collecting duct
ネフロン nephron
弓状動脈・静脈 arcuate artery・arcuate vein
ボーマン嚢 Bowman’s capsule
腎小体 renal corpuscle

日本語・一般むけ・専門用語

上のオリジナルをもとに、自分自身の用語集づくりをすすめていきますが、腎臓の右左を別エントリーにせず、「腎臓」という1エントリーだけにすることにしました。「皮質」「髄質」は他の部位との混乱をさけるため、「腎皮質」「腎髄質」としました。泌尿器についての用語集として考えれば、こうした方が適切だと判断したからです。ただし、腎臓をあつかっていることがあきらかな場合には、「皮質」「髄質」とわざわざ「腎」をつけたりしないものです。ことばは文脈によってかわるのだということを意識しておきましょう。

なお、からだの奥にある細かい器官・部位については、医学用語とは別の一般的なことばが発達していることはほぼありません。その点は、泌尿器系もおなじです。

※「自分のもの」にするためのすすめ方については第1回を参照。

日本語 English(lay term) English (medicine)
下大静脈[かだいじょうみゃく] inferior vena cava
副腎[ふくじん] adrenal gland, adrenal, suprarenal gland
腎臓[じんぞう] kidney
腎動脈[じんどうみゃく] renal artery
腎静脈[じんじょうみゃく] renal vein
腹大動脈[ふくだいどうみゃく]、腹部大動脈[ふくぶだいどうみゃく] abdominal aorta
尿管[にょうかん] ureter
膀胱[ぼうこう] bladder, urinary bladder
尿道[にょうどう] urethra
腎盂[じんう] renal pelvis
腎皮質[じんひしつ] renal cortex
腎髄質[じんずいしつ] renal medulla
糸球体[しきゅうたい] glomerulus
遠位尿細管[えんいにょうさいかん] distal convoluted tubule, DCT
近位尿細管[きんいにょうさいかん] proximal tubule
集合管[しゅうごうかん] collecting duct, collecting tubule
ネフロン[ねふろん] nephron
弓状動脈[きゅうじょうどうみゃく] arcuate artery (of the kidney)
弓状静脈[きゅうじょうじょうみゃく] arcuate vein
ボーマン嚢[ぼーまんのう] Bowman’s capsule
腎小体[じんしょうたい] renal corpuscle

例文・語の構成要素・おぼえがき

Example 語の構成要素 Note
The inferior vena cava drains blood from areas inferior to the diaphragm. ven(i/o)-: ラ「脈」「静脈」「葉脈」「翅脈」「鉱脈」.
The adrenal glands secrete epinephrine and norepinephrine to be released into the blood stream as hormones. ad-: ラ「方向」「変化」「付加」「完成」「開始」「近似」「単なる強意」. adren(o)-: ラ「副腎」. ren(i/o)-: ラ「腎(臓)」.
The kidneys participate in several complex endocrine pathways and produce certain hormones. nephr(o)-: ギ「腎(臓)」. ren(i/o)-: ラ「腎(臓)」. 左右一対であることからkidneysと複数形であらわされることも多い. ラテン語由来のren(i/o)-とギリシャ語由来のnephr(o)_の2つの語素は、どちらも広く使われているのが特徴. endocrine pathway: 内分泌経路.
The right renal artery is longer than the left since the aorta lies to the left of the vertebral column and the vessel must travel a greater distance to reach its target. ren(i/o)-: ラ「腎(臓)」.
Blood supply from the kidneys flows into each renal vein, normally the largest veins entering the inferior vena cava. ren(i/o)-: ラ「腎(臓)」.
Superior to the diaphragm, the aorta is called the thoracic aorta, and inferior to the diaphragm, it is called the abdominal aorta. abdomin(o)-: ラ「腹」「腹部」. 血管の名称としては腹大動脈がひろく採用されている一方、疾患名としては腹部大動脈の使用がしばしばみられる.
The renal pelvis narrows to become the ureter of each kidney. As it passes through the ureter, urine does not passively drain into the bladder but rather is propelled by waves of peristalsis. ur(i/o)-, urin(o)-, -uria: ラ「尿」「尿道」「排尿」「尿素」. ureter(o)-: ギ「尿管(ureter)」. peristalsis: 蠕動運動.
The bladder lies anterior to the uterus in females, posterior to the pubic bone and anterior to the rectum. ur(i/o)-, urin(o)-, -uria: ラ「尿」「尿道」「排尿」「尿素」. anterior:(体の)前側に. posterior:(体の)後ろ側に. pubic bone: 恥骨. rectum: 直腸.
The urethra is the only urologic organ that shows any significant anatomic difference between males and females; all other urine transport structures are identical. ur(i/o)-, urin(o)-, -uria: ラ「尿」「尿道」「排尿」「尿素」. urethr(o)-: ギ「尿道(urethra)」.
As it is formed, urine drains into the calyces of the kidney, which merge to form the funnel-shaped renal pelvis in the hilum of each kidney. ren(i/o)-: ラ「腎(臓)」. pelv(i/o)-: ラ「骨盤」「骨盤と…の」. calyces of the kidney: calyxの複数形; renal calyxとは腎杯[じんぱい].
A frontal section through the kidney reveals an outer region called the renal cortex and an inner region called the medulla. ren(i/o)-: ラ「腎(臓)」. cortic(o)-, cort-, cortex: ラ「皮質」. 皮質: 実質臓器で表層と深層の組織構造が異なる場合、表層部分を皮質とよぶ; 腎臓だけではないことに注意. frontal section: 前頭断、前額断.
The loops of cortical nephrons do not extend into the renal medulla very far, if at all. Juxtamedullary nephrons have loops that extend variable distances, some very deep into the medulla. ren(i/o)-: ラ「腎(臓)」. medull(i/o)-: ラ「髄」「髄質」. 実質臓器で表層と深層の組織構造が異なる場合、深層部分を髄質とよぶ; 腎臓だけではないことに注意. juxtamedullary: (形容詞)傍髄質の.
The glomerulus is the first part of the nephron, which then continues as a highly specialized tubular structure responsible for creating the final urine composition. glomerul(o)-: ラ「(腎臓の)糸球体」.
Potassium is excreted, both actively and passively, through the renal tubules, especially the distal convoluted tubule and collecting ducts. ula, -ule: ラ「小さい」. 尿細管: renal tubule; 近位尿細管と遠位尿細管をひと続きとしたもの. potassium: カリウム. excrete: (動詞)排出する・される.
A portal system is formed when the blood flows through a second capillary bed surrounding the proximal and distal convoluted tubules and the loop of Henle. ula, -ule: ラ「小さい」. 糸球体につづく前半部分の近位曲尿細管[きんいきょくにょうさいかん](proximal convoluted tubule, PCT)と後半部分の近位直尿細管[きんいちょくにょうさいかん](proximal straight tubule, PST)に分かれる. capillary bed: 毛細血管床. loop of Henle: Henle’s loopともいう; ヘンレ係蹄[けいてい].
Depending on the body’s fluid status at any given time, the collecting ducts can recover none or almost all of the water reaching them. ula, -ule: ラ「小さい」. 尿細管に近い側のcollecting tubuleからcollecting ductへとかわっていく.
The afferent arterioles service about 1.3 million nephrons in each kidney. nephr(o)-: ギ「腎(臓)」. 腎小体1個と尿細管1本をひとまとまりとした腎臓内の組織的単位. afferent arteriole: 輸入細動脈; afferent glomerular arteriole 輸入糸球体細動脈ともいう.
The interlobar arteries, in turn, branch into arcuate arteries, cortical radiate arteries, and then into afferent arterioles. テキスト『医療通訳』の人体図では赤い血管. 弓状動脈として代表的だが、足(arcuate artery of the foot)や子宮(arcuate vessels of the uterus)にもあるので注意する. interlobar artery: 葉間動脈. cortical radiate artery: 小葉間動脈.
テキスト『医療通訳』の人体図では青い血管.
The glomerulus and Bowman’s capsule together form the renal corpuscle.
After passing through the renal corpuscle, the capillaries form a second arteriole, the efferent arteriole. ren(i/o)-: ラ「腎(臓)」. 糸球体と糸球体を包むボーマン嚢からできている. efferent arteriole: 輸出細動脈; efferent glomerular arteriole 輸出糸球体細動脈ともいう.

※下表は画像データとしてダウンロード可能です。

東京オリンピックが近づくなか、医療通訳による訪日外国人サポートへの関心が高まっています。ブログ『医療英語の森へ』を発信する医薬通訳翻訳ゼミナールでは、独学では物足りない、不安だといった方のために、医療通訳・医療英語のオンライン講座をおこなっています。ご希望の方は当ゼミナール・ウェブサイトのお問い合わせページから、またはメールでご連絡ください。

参考資料

呼吸器系 — テキスト『医療通訳』の単語集を自分のものに(第11回)

テキスト『医療通訳』の『人体器官図』では、7ページ目で呼吸器系の各器官・部位を取りあげています。この図で太字で表記されている部位を中心にまずはおぼえていくようにしましょう。

呼吸器系の基本の基本」で取りあげたとおり、一つ一つの器官や部位をバラバラにおぼえていくのではなく、気道という空気の流れにそって、各部位の位置関係などとともにまとめていくと、記憶にのこりやすいでしょう。

オリジナルの単語集を確認

まずは、テキスト『医療通訳』の『単語集』にのっているままに日本語・英語を並べてみました。

日本語 英語
上気道 upper respiratory tract
下気道 lower respiratory tract
鼻腔 nasal cavity
throat
咽頭 pharynx
喉頭 larynx
唾液腺 salivary gland
喉頭蓋 epiglottis
声帯 vocal cord
気管 trachea / wind pipe
上葉 superior lobe
中葉 middle lobe
下葉 inferior lobe
右肺 right lung
左肺 left lung
食道 esophagus / food pipe
気管支 bronchus
横隔膜 diaphragm
肺胞 alveolus
肺胞腔 alveolar space
肺胞壁 alveolar wall
副鼻腔 paranasal sinus
胸膜腔 pleural cavity
胸膜 pleura

日本語・一般むけ・専門用語

上のオリジナルをもとに、自分自身の用語集づくりをすすめていきます。

※「自分のもの」にするためのすすめ方については第1回を参照。

日本語 English(lay term) English (medicine)
上気道[じょうきどう] upper respiratory tract, upper airway
下気道[かきどう] lower respiratory tract, lower airway
鼻腔[びくう] nasal cavity
喉[のど] throat
咽頭[いんとう] throat pharynx
喉頭[こうとう] voice box, throat larynx
唾液腺[だえきせん] salivary gland
喉頭蓋[こうとうがい] epiglottis
声帯[せいたい] vocal cord, vocal fold
気管[きかん] throat, windpipe, wind-pipe trachea
上葉[じょうよう] upper lobe, superior lobe
中葉[ちゅうよう] middle lobe
下葉[かよう] lower lobe, inferior lobe
右肺[うはい] right lung
左肺[さはい] left lung
食道[しょくどう] food pipe, foodpipe, gullet, throat esophagus
気管支[きかんし] bronchus
横隔膜[おうかくまく] diaphragm
肺胞[はいほう] alveolus
肺胞腔[はいほうくう] alveolar space
肺胞壁[はいほうへき] alveolar wall
副鼻腔[ふくびくう] paranasal sinus
胸膜腔[きょうまくくう] pleural cavity
胸膜[きょうまく] pleura

例文・語の構成要素・おぼえがき

Example 語の構成要素 Note
The upper respiratory tract includes the nostrils, nasal cavity, paranasal sinuses, pharynx and larynx. nostril: 外鼻孔[がいびこう]、または単に鼻孔; いわゆる鼻の穴; naris(複数形、nares)ともいう. 上気道には、口腔をふくんだり、副鼻腔をはずしたりなど、分類にブレがある.
The lower respiratory tract consists of the lower portion of the larynx below the vocal cord, trachea, bronchi (sing. bronchus), and the lungs. 下気道には、気管支の先の肺をふくむ分類とふくまない分類がある.
When discussing the nose, it is helpful to divide it into two major sections: the external nose, and the nasal cavity or internal nose. nas(i/o)-: ラ「鼻」.
In addition, many individuals with sleep apnea experience a dry throat in the morning after waking from sleep, which may be due to excessive snoring. のど(throat)は、頸部の前部で、発声や嚥下にかかわる器官についての日常語としてつかわれる. sleep apnea: 睡眠時無呼吸(sleep apnea syndrome: 睡眠時無呼吸症候群).
The vagus nerve directly stimulates the contraction of skeletal muscles in the pharynx and larynx to contribute to the swallowing and speech functions. pharyng(o)-: ギ「咽頭」「のど」. のど(throat)は、咽頭・喉頭・食道をふくむだが、文脈によってつかいわけあれる: 「のどがあかくなっている」(咽頭)、「もちがのどにつまる」(食道)など.
The structure of the larynx is formed by several pieces of cartilage. laryng(o)-: ギ「喉頭(larynx=voice box)」. cartilage: 軟骨、軟骨組織.
Within the mouth, the teeth and tongue begin mechanical digestion, whereas the salivary glands begin chemical digestion. mechanical digestion and chemical digestion: 機械的消化と化学的消化.
During deglutition (swallowing), the soft palate rises to close off the nasopharynx, the larynx elevates, and the epiglottis folds over the glottis. ep(i)-: ギ「上」「追加」. gloss(o)-, -glossa, -glossia, glott(o)-, glot-: ギ「舌」. glottis: 声門[せいもん].
A true vocal cord is one of the white, membranous folds attached by muscle to the thyroid and arytenoid cartilages of the larynx on their outer edges. true vocal cord: 真声帯. membranous fold: 膜状のひだ. arytenoid cartilage: 披裂軟骨[ひれつなんこつ]. vocal cords, vocal foldsといった形で通例複数形で使用される.
The trachea (windpipe) extends from the larynx toward the lungs. trache(o)-: ギ「気管」「導管」. wind pipeとの表記もあるが用例はすくない.
The left lung consists of two lobes: the superior and inferior lobes. lob(o)-: ギ→ラ→仏「葉」.
The right lung consists of three lobes: the superior, middle, and inferior lobes.
Fissures separate the lobes of the lungs from each other. Both lungs have the superior and inferior lungs, with only the right lung also having the middle lobe. fissure: 裂溝.
The right lung is shorter and wider than the left lung.
The left lung occupies a smaller volume than the right.
Anteriorly, the laryngopharynx opens into the larynx, whereas posteriorly, it enters the esophagus. esophag(o)-: ギ「食道(gullet)」. laryngopharynx: 咽喉頭.
The trachea branches into the right and left primary bronchi at the carina. bronch(o)-, bronchi(o)-: ギ「気管支」. bronchi: bronchusの複数形. primary bronchus: 主気管支[しゅきかんし]; main bronchusとも. carina: 気管竜骨[きかんりゅうこつ].
The diaphragm is the flat, dome-shaped muscle located at the base of the lungs and thoracic cavity. dia-: ギ「を通じて」「を横切って」「通して」. phren(i/o)-, phrenic(o)-: ギ「精神」「心」「横隔膜」「横隔神経」. thoracic cavity: 胸腔[きょうくう].
In external respiration, oxygen diffuses across the respiratory membrane from the alveolus to the capillary, whereas carbon dioxide diffuses out of the capillary into the alveolus. external respiration: 外呼吸、肺呼吸.
The alveolar space is the air space within alveoli that participates in gas exchange as against the alveolar dead space. alveolar dead space: 肺胞死腔[はいほうしくう].
The alveolar wall consists of three major cell types: type I alveolar cells, type II alveolar cells, and alveolar macrophages. macrophage: マクロファージ.
The paranasal sinuses are hollow, air-filled spaces located within certain bones of the skull.
Surface tension within the pleural cavity pulls the lungs outward. pleur(o)-: ギ→ラ「体側」「胸膜(pleura)」「肋骨」. surface tension: 表面張力[ひょうめんちょうりょく].
Intrapleural pressure is the pressure of the air within the pleural cavity, between the visceral and parietal pleurae. intrapleural pressure: 胸膜内圧[きょうまくないあつ]. visceral pleura: 臓側胸膜[ぞうそくきょうまく]. parietal pleura:壁側胸膜[へきそくきょうまく]. pleurae: pleuraの複数形.

※下表は画像データとしてダウンロード可能です。

東京オリンピックが近づくなか、医療通訳による訪日外国人サポートへの関心が高まっています。ブログ『医療英語の森へ』を発信する医薬通訳翻訳ゼミナールでは、独学では物足りない、不安だといった方のために、医療通訳・医療英語のオンライン講座をおこなっています。ご希望の方は当ゼミナール・ウェブサイトのお問い合わせページから、またはメールでご連絡ください。

参考資料