会話の流れを予想する 予想にとらわれない

おおくの人には当然のことといわれるかもしれませんが、会話というものは予想でなり立っています。友だちと話していて、急に話題を変えられたらどうなるでしょうか。「えっなになに? なんの話?」となるのではないでしょうか。あるいは、道で知らないひとに急に声をかけられて、いきなり話をはじめられたらどうでしょうか。それことだけでもびっくりするでしょうけど、なんの話をしているのか理解するまでに時間がかかるでしょう。

こういった時に感じるとまどいは、無意識のうちに、ひとは会話の先行きを予想していることからおこります。つまり、予想の範囲をはずれたところに会話が急にいってしまうと、ひとはその流れにのれずに、とまどってしまうのです。

このことについてふれたのは、医療通訳をするときも予想をすることが重要なのではないかということをいいたかったからです。もちろん、医者ではないのですから、すべてを予想することはむつかしいでしょうし、すべきではありません。ですから、タイトルにも「予想にとらわれない」とくわえました。ですが、ある程度、どのように診察や検査などがすすんでいくかということをまなんでおくということは医療通訳をするうえで、とても大切だとおもいます。

こういった流れをまなぶということにはついては、なによりも経験をつむということにまさるものはありません。もっとも、おおくのひとにとって、経験をつむということはかんたんなことではありません。そういった機会をもとめることはとてもむつかしいでしょう。

ドラマやドキュメンタリーをみる

ひとつのやり方は、診療の場を舞台にしたドラマやドキュメンタリーなどをみることでしょう。たとえば、NHKで放送している「総合診察医 ドクターG」は医師のかんがえる方とともに診察の流れがわかるよくできた教育バラエティーだとおもいます。再現ドラマの中では、患者が自身の症状を訴え(主訴)、問診・検査をおこないながら診察をすすめていきます。問診・検査の結果をもとに、番組参加者(新米医師と芸能人)が診断にとり組みます。とてもおすすめです。

ドラマですと、米国医療ドラマの「ER」はお世話になった帝京大学医学部元教授の先生が「へたに大学で授業をやるよりも、あのドラマをみせたほうが1年生くらいにはちょうどよい」といったくらい医療現場をまなぶにはよくできているそうです。また、「ロイヤルペインズ」という米国ドラマもバラエティー色はつよいですけれども、診察上の表現をまなぶにはわるくないとおもいます。

ところで、病気や健康をテーマにしたバラエティ番組のおおくは、わかりやすく説明するために、うそとまではいいませんけれども、かなり脚色がはいっているので、おすすめしません。

医師用のマニュアルを読む

もうひとつのアプローチとしておすすめするのは、医師用のマニュアルを読むことです。「外来医マニュアル」(医歯薬出版)などはとてもいい教材だとおもいます。それぞれの症状(患者の主訴)によって、外来医がどのような点に注意して診察をすすめていくかが書かれています。

ところで、「外来医」って英語でなんていうんでしょうね。weblioでみると、なにもでてきませんですね。outpatient physician、outpatient care physicianとかambulatory care physicianなんていう言葉があるようですね。

脇役として予想にはとらわれない

さて、予想については、積極的に予想をたてるということよりも、ふつうの会話とおなじように無意識のうちに予想をたてられるくらい、診察のすすめ方(流れ)を身につけ、自然と流れにのれることが大切でしょう。あらためますが、自分の予想にとらわれてはいけないでしょう。あくまで通訳は脇役なのですから。

プレセッションとCIFE(2)

CIFE

プレセッションを行う上で重要なポイントはCIFEと言った形でまとめられています。「シフ」と読みます。さて「シフ」は 、confidentiality(守秘義務)のC、一人称のI、flow(流れ)のF、Everything(すべて)のEで作られた造語(coinage)です。通訳はこの4つのポイントを使って患者(そして医師)に診察がどのように進んでいくか説明します。

守秘義務のC

まず、Cですが、患者に対し、守秘義務を守ることを約束します。患者が安心して症状など治療のための情報を診察の中で話せるようになってもらいことが重要だからです。本来であれば、患者と医師の一対一の関係であるはずの診察に、言葉の壁があるために参加せざるを得ないのが医療通訳です。医師に対してだけだったら話せたはずなのに、第三者である医療通訳がいたから口にできずにきちんとした診断を得られずに治療に影響が出たなどということがあっては絶対にいけません。診察室の中で話された内容は絶対外に漏れることはないということを伝えるのです。

一人称のI

通訳は一人称で行うと伝えます。患者に対しては、医師が”What can I do for you today?”と言えば、通訳はそのまま”What can I do for you?”と言った一人称の形で通訳することを伝えます。実は、医療機関で働く外国語能力がある方が医療通訳としてのトレーニングを受けないまま実践の場に立つと、三人称で通訳をするケースがあります。例えば、患者さんが”I have a headache.”というと「患者さんが頭が痛いと言っています」と通訳してしまうのです。研究によると、いくつかのメリットがあるため、一般的には一人称を使うことが多くなっています。ただし、国内ではかなり大きな病院でも三人称の使用を求める機関があるようです。その場合は、その機関の方針に従いましょう。

流れのF

流れ(flow)とは、診察の中で患者と医師の間で交わされる会話の流れのことです。会話がきちんと流れていくために、いくつかの注文を通訳はあらかじめプレセッションの中で出しておきます。具体的には「話すときは通訳ではなく、医師(あるいは患者)をみて話してください」とか「話すときはゆっくり話してください」「はっきりと話してください」「あまり長く話し続けたりしないでください」といったことを伝えます。その際に「正確な診断のためには、正確に通訳をする必要がありますので」などと言って、こういった注文は患者のためなんだということを伝えれば、患者も医師も納得しやすいでしょう。海外などでは、ストップサインについてプレセッションで合意しておき、話が長くなったときにそのサインを出して話を止めてもらうということをしています。しかし、日本ではむつかしいかもしれません。ストップサインを使うかは、それぞれの通訳の判断によるでしょう。使う場合は、必ずプレセッションの中で使用について合意を求めておきます。

全部のE

診察室の中で口にされた内容は全部訳しますよとあらかじめ伝えておきます。当然ですよね。患者と医師が同国人でしたら、そこで口にした内容はすべてお互いに伝わるのですから。しかし、医師などは外国人だと安心して余計なことを言ってしまうこともあります。通訳は発言が余計なことなのか、そうでないのか判断することができませんし、判断してはいけません。ですから、あらかじめすべて伝えますよと釘を刺すのです。患者についても同様です。医師は患者の何気ない一言なども含めあらゆる情報を基にして診断を下します。患者がたいしたことはないと思っている愚痴のようなものの中に、診断に至るキーが隠されている可能性があるのです。ですから、すべて訳すことについて伝えておくのです。個人的には、通訳が勝手につまらないことと決めつけ訳さないと言う判断をしないようにするための自戒を促すポイントだとも考えています。

CIFEを全部盛り込むとプレセッションは結構長くなります。通訳はあくまでサポートのために入っているのですから、ダラダラと言葉を続けるようなことは避けましょう。あらかじめどういったことをいうのがいいか決めておくといいかもしれません。医師は守秘義務は当然だと考えているでしょうから、医師へのプレセッションについてはCを盛り込まないといった工夫も必要でしょう。

参考資料
* 日本大学・押味貴之助教講演@日本医療通訳協会2016年9月セミナー
* The Art of Medical Interpretation by CCCS

プレセッションとCIFE(1)

プレセッション

医療通訳として、患者さんのサポートに入る場合、どうやって入っていたらいいんでしょうか。たとえば、自己紹介とかするんでしょうか。なんか、段取りの説明とかした方がいいんでしょうか。それとも、看護師さんのように、ただそこにいればいんでしょうか。多くのひとが気にすることだと思います。僕も最初は悩みました。

いろいろ調べてみると、医療通訳が最初に患者さんやお医者さんに対して行う自己紹介と通訳についての説明のことをプレセッション(pre-session)と呼ぶということがわかりました。さらに、日大医学部の押味貴之先生のセミナーに参加したり、アメリカCCCSの医療通訳の教科書を読んだり、YouTubeを検索して動画を見たりしているうちに、患者と医師の間でしっかりとしたコミュニケーションがなり立つためには、プレセッションがとても重要だということもわかってきたのです。

今回は、このプレセッションがどうして重要なのか、実際にどうやればいいのかといったことにについて、できるだけお話したいと思います。

まず、現場に立つのにあたっては、通訳の方それぞれに異なった事情があると思います。病院のスタッフとして働いていて来院した患者をサポートするために英語を使う場合や、フリーランスとして病院から依頼を受けて現場に入る場合などが想定できるでしょう。ここでは、どのような立場だったとしても、初めての患者に対して通訳に入る状況を想定してみましょう。

待合室で

多くの場合、通訳が患者と初めて会う場所は待合室になるでしょう。ここで、通訳は患者に対して自己紹介をし、プレセッションの機会を得ます。プレセッションとは、実際の診察(session)の前に、どのような手順で通訳を介した診察が進んでいくかを説明し、いくつかの注意点について了解してもらうプロセスのことです。患者だけではなく医師にもプレセッションの必要があるのですが、まずは患者に対してプレセッションの機会を持つことが現実的には多いでしょう。

プレセッションの内容については、次回に紹介するCIFEを参考に決めていきましょう。重要なのは、プレセッションを通じて、患者と医師がきちんと意思疎通ができる環境を整えるということです。

プレセッションについてのイメージをつかむには、アメリカの医療通訳サービス会社Language World Servicesが公開してる動画を参考になります。

問診表と同意書

さて、プレセッションを終えると、患者と待合室で待つことになると思います。もしかしたら、その間に問診票を記入する必要があるかもしれません。英語の問診票がなかった場合など、サイト・トランスレーションを求められるかもしれません。その場合、問診票程度でしたら、サイト・トランスレーションに応じるのはいいでしょう。しかし、病院によっては、検査などの同意書をこの段階で求める可能性があります。その場合は、医療従事者にきちんと「自分が同意書をこの場で翻訳して患者に伝えることは職業上できない」と伝えましょう。医療従事者に読み上げてもらい、それを通訳する形を取るようにしましょう。

診察室で

つづいて、患者が診察室に呼ばれると、通訳は患者とともに通訳は診察室に入ります。多くの場合、この時が通訳が医師と初めて顔を合わせる機会になります。そこで、医師に対してもプレセッションを行いましょう。通訳と医師が自分の知らない言葉で話していることについて、患者は不安になる可能性があります。医師に対してもプレセッションを行うということは患者に伝えておいた方がいいでしょう。

通訳が入る診察に慣れている医師の場合、プレセッションは必要ないと言われるかと思います。そういった場合、無理にプレセッションを行う必要はないでしょうが、医師が慣れているつもりだから大丈夫ということはないので、安心はできません。どこか頭の隅にそのことを置いておきましょう。